田中佑佳 大林歯科・矯正歯科/歯科矯正医

大林歯科・矯正歯科/歯科矯正医
田中佑佳

仕事内容
口元から心身の健康を創造する歯並び治療
活動地域
URL
連絡先

キャッチフレーズ
歯科界の女性リーダー

メッセージ
はじめまして〜
奈良県出身ちょっと関西弁、新米ママの田中です‼
大人から子供まで、歯並び噛み合わせの治療を専門にしています。一般的な歯医者さんとは違って矯正に特化した資格を取得しました。矯正を学んで気付いたことは、機能も、見た目も劇的に変えられ、患者様の健康も人生も変えられる素晴らしい治療だということです。
歯並びは見た目に大きく関わる部分ですし、歯の健康は一生の宝物になります。そんな大切な歯を扱うことに誇りを持っています。

プロフィール
1978年生まれ。1児の母。

奈良県奈良市出身。松本歯科大学卒。2008年に日本矯正歯科学会認定医を取得。
結婚を期に愛知県豊田市の大林歯科・矯正歯科にて子供から大人まで300人の歯並び、噛み合わせの治療を行う。
患者様が潜在的に求めている外見に対する欲求を引き出す丁寧なヒアリングと、ゴール設定から逆算したクライアントに寄り添う治療方法を大切にしている。子どもや女性だけでなく男性からのニーズも高い。

冷静な判断と、楽しさと可能性で人を導く持ち前のリーダーマインドを活かし、現在は組織の力で更に手厚いサポートができるよう部下育成に力を入れる。
今後は歯並びだけでなく、美と健康をトータルサポートできるクリニックを開業予定。
歯科業界に関わるスタッフは女性が多い事から、彼女たちの精神的、経済的自立を支援する事で日本の子供達の幸せを創造して行きたいと考える。
趣味は、ダイビング、旅行。

《わたしが大切にしていること》
治療を終えた後も、その方を一生をサポートする気持ちで、不安や悩みにも対応し、将来を見据えた治療を提案しています。
また、その方の心の奥にある願望を引き出し、本当に必要な治療だけを、短期間で行なえるように計画します。
この仕事は、創造性と予測力が必要な仕事です。様々なケースに対応しながら、患者さんとのコミュニケーションも大切にしています。
小さなお子様の治療もするので、成長していく過程を親御さんと一緒に見ていく事ができるのも、楽しみの一つです。
また矯正治療をしていると、結婚が決まる人が多いです(^^)歯並びが変わると気持ちも前向きになるのかも知れませんね♪

《わたしの原体験エピソード》
中学生の頃に、矯正治療を受けたのですが、装置を外した後、変化がありませんでした。口元が綺麗になると思って頑張っていたのでショックでした。
子供だからと思われてたのかも知れませんが、見た目に関する提案は全くしてもらえなかった事に疑問が残りました。
その時は、まさか自分が矯正歯科医になるとは思っていなかったのですが、この経験が、患者様に寄り添うカウンセリングを行いたいという思いに繋がっています。
特に、矯正を行いだす、小学校時代は勉強や遊びが大切な時期です。
矯正治療は2年から3年、器具を付けて治療をする必要があるので、その期間なるべくストレスが無いよう気を付けています。
同業者の中には歯並びの大切さをうたうあまり、不必要な治療や器具を使って治療期間を長くするケースもあり、その子の青春をどう考えいるのかと憤りを感るほどです。

《わたしが目指している未来》
現在の子どもの矯正は、そのほとんどが売上ありきで、治ったのかが分からないような治療を行うケースが多く見られます。
こうした現状が改善するように働きかけながら、被害者である子どもたちを守っていきたいです。
また、歯科業界で働く女性スタッフの環境も整え、幸せな職場を提供していきたいと思います。

《レインボーアースとわたし》
レインボーアースのビジョンが子どもの未来を見据えいてるという点で、とても共感できました。
健康に関わる歯の大切さを、セミナーを通して皆さんにもお伝えしていきたいです。
今後、歯科業界の女性リーダーとして活動する為の、事業拡大や人材育成などの課題もサポートしてもらおうと思います。

わたしたちと、虹色に輝く未来を
つくりませんか?

ストーリー