ナンバーワンになれるビジネスモデルを作ろう(提供するもの)

ビジネスモデルを作るポイントの2つ目は、「提供するもの」です。(ナンバーワンになれるビジネスモデルを作ろう)

「提供するものがあるから起業をするのでは?」という声が聞こえてきそうですが、ここで伝えたい提供するものとは、「利益が得られるもの」を言います。

提供するものの良し悪しも大切ですが、ビジネスとして成り立ち収益が得るかに注目していきます。

提供するもののポイントは、実際に、提供するものを必要とするターゲットにとって、ニーズがあるのかを考えていきます。

一つ間違えてはいけないことがあります。
それは、提供する側(あなた)のニーズを押し付けてはいけないということです。

提供するものの活用方法や良さを、一番よく知っているのはあなた自身です。

でも、ターゲットが同じように活用して、良いものと判断しているわけではありません。必要ではあるけど、あなたとは違うニーズを求めていることもあります。

  • ターゲットが、どんな価値を見出しているのか
  • ターゲットの欲求を満たすことができるのか

この2つは、ベネフィットといい、提供するものを手にすることで得られる価値をいいます。

例えば、ダイエット商品やメソッドをビジネスで提供する場合、「痩せる、スリムなボディになる」というのは、手にすることで得られるメリットです。

では、ベネフィットは何でしょうか?

ベネフィットの一例として挙げられるのは、「痩せて心と体が健康になる」ということです。もしくは、「病気予防になる」というのも、ベネフィットとなります。

提供するもののメリットだけでなく、ベネフィットまでを含めてターゲットのニーズを考えることができたら、提供するもので利益を得ることができるのです。

どんなに良いものでも、提供する側が主体となるニーズでは、利益を得られることはできません。

あなたの提供するものをより良いものとしてくれるのは、ターゲットのニーズです。さらに良いものにする参考にもしていきましょう。

わたしたちと、虹色に輝く未来を
つくりませんか?

ストーリー