コンセプト

つながる女性、輝く未来

いま、地球の未来を考えたとき、
「女性」というキーワードが浮かびました。

未来をつくる子どもたちを育てるのは女性。
女性の輝きが、子どもたちを、そして地球を輝かせます。

女性が経済的に自立し、活躍すること。
自ら稼ぐ力を身につけ、自己実現をすること。

そのために、女性たちのつながりが必要だと考えました。
レインボーアースは、輝く女性のつながりを創ります。

7つの違った色からなる虹。
女性たちの個性がつながって輝く地球。

虹色の輝きが世界に広がっていき、
輝く地球を、未来の子どもたちに残せたら。

それが、「レインボーアース」と名付けた由来です。

ビジョン – レインボーアースが目指す未来

 

女性の愛で、地球の未来が輝く。

 

お母さんからの愛を、ちゃんと受け取ってきましたか?
お母さんは、無償の愛情で子どもを育てます。

でも・・
お母さんだって人間です、不器用で、うまく伝わらないこともあります。

しかし、あなたがここに生きているということは、
お母さんの愛情を受け取ったということに、なりませんか。

地球の未来を担っている子どもたち、それを育てるのは女性です。
女性が輝くことで、地球の未来は輝くでしょう。

だから、「愛のつながり」を知っている女性を、ひとりでも多くふやしたい。
わたしたちは、そう思っています。

愛を与えるためには、まずは自分が幸せで満たされること。
自分が輝くこと、自己実現させることが必要です。

ビジネスを通じて自己実現したいあなた。
想いはあっても、一歩を踏み出せないあなた。
あなたが幸せになることで、地球の未来は輝きます。

レインボーアースに集う女性たちがつながり合って、
未来の子どもたち、未来の地球が輝くことを、わたしたちは願っています。

ストーリー – 立ち上げの想い

 

「愛はつながる」を伝えていきたい—。


 

「愛情がつながる仕組みを、ロジックで具現化する。」

レインボーアース代表
鈴木岳紀

レインボーアース代表の鈴木です。
当初、わたしには「女性支援」という切り口のビジネスの発想はありませんでした。
右腕でもある西村さんと出会い、対話をしていく中で、レインボーアースの発想を得ました。

地球が輝くには、女性がつながって未来をつくるしかないと思っています。
だから、虹色の地球、レインボーアースと名付けました。

わたしの父は工務店を経営していましたから、周りには道具がいっぱいありました。
子どものころは、周りにある道具で、なんでもつくっていました。
あるとき、自分が描いた本棚の設計図を、大工さんが見事かたちにしてくれたことがありました。
まさに「すごい!」の一言でした。
そのときに、設計図をしっかり描くことの大切さを学んだのだと思います。

大人になり、父の工務店を引き継ぎ、経営者になりました。
ビジネスにおいても、設計をしっかりしておくことが最重要だと考えています。
ビジネスを成功させるには、ロジックで仕組みをつくること、子どものころの経験から学びました。

わたしは学ぶことが大好きです。ビジネスにおける、勝てる仕組みづくりをトコトン学びました。
工務店だけでなく、経営コンサルティング、レストラン、カフェ・・数々の成功をつくってきました。
ビジネスの成功で、社員やスタッフ、その家族、みんなの幸せをつくってきたという自負があります。

わたしがやりたいことは、自分で創り出したものが、周りの人を幸せにすること。
レインボーアースは、わたしの人生最後の仕事だと思っています。

それなりにやんちゃもしてきたから、親にも迷惑をかけました。
高校生のとき、自分がバカをやって、母親が呼び出されたときのことを、いまでも忘れません。
自分が情けなくなり「二度と母親を悲しませたくない」そう誓いました。

父からは、探究心とチャレンジ精神「生き方」をもらいました。
母からは、見返りのない「無償の愛」をもらったのだと思います。

レインボーアースで女性の幸せと愛情のつながりを、日本中、そして世界へと広げていきます。


 

「愛情のつなげかたを、子育てをする女性に伝えたい。」

西村ゆか里

レインボーアースの西村ゆか里です。
わたしが、レインボーアースを立ち上げたいと思ったきっかけは2つあります。

ひとつは、女性の「家庭と仕事の両立」です。

わたしは、以前、化粧品ビジネスを盛大にしていた事がありました。
しかし、ビジネスが伸びれば伸びるほど壁があり、限界を突破できずに、縮小しました。
女性が外でバリバリ仕事をこなすには、いろいろな問題をクリアしていく、協力体制がないときびしいなと痛感しました。

それなら、私の経験を通じて「どうしたら女性が活躍できるのか」を伝えたい。
コミニュティーをつくり、成長、交流をしながら顧客創造もできたら、女性がもっと楽にビジネスを発展させられる、家庭とのバランスもとっていけるはずです。

ふたつめは、「子どもの教育」について。

わたしの両親は、わたしが小学5年生のときに離婚しました。
そのため、母と妹弟と離れて暮らさなければなりませんでした。
一般的に考えれば、恵まれているとは言えない環境で、友達に「なんでグレなかったの?」と言われたこともあります。

でも、わたしは不思議に思いました。
「グレるどころか、わたしの人生は幸せに決まっている!」心からそう思っていました。

自分が大好きで、自己肯定感が高い、そんなわたしに育ててくれたのは、母の教育方法でした。

子どものころは、姉と「お母さんってなにもしてくれないよねー」と話していました。
「お母さんは、放置だ」というのが子どものころの解釈だったのですが、自分が子育てをするようになり、母の教育方法の素晴らしさがわかったのです。

わたしをこんなに幸せにしてくれた、母の子育て方法を多くの女性に伝えたい。

わたしは、4人姉弟の二番目に生まれ、下には7歳下の妹、10歳下の弟がいます。
母は仕事をしていましたから、わたしがめんどうを見ていて、早くから母性が生まれたのだと思います。

いまも、人の成長や変化、ときにドラマチックに転身していく姿を見るのが大好きです。
レインボーアースで、わたしたちと成長し、愛情のつなげかたを学びませんか。

ビジョンのその先に—
つながりは世界に広がっていく。

代表の鈴木です。
レインボーアースを通じて、世の中を変えていきたい。
貧しい国の人々を支援して、地球を輝かせたい。
本気でそう思っています。

わたしは、ビジネスでいくつかの成功をおさめてきました。
自分が創り出したもので、周りの人々を幸せにしてきました。

あるとき、発展途上国のドキュメンタリーをみて、
カンボジアに学校を建ててあげたいと思いました。

しかし、お金の寄付は、正しく使われるかがわからない。
モノの寄付では、「もらうこと」が当たり前になってしまう。

それは本当の支援ではない。
技術を支援し、自分で稼げる力を身につけてもらうことが本当の支援ではないか。
そう考え、技術を身につけられる「教育システム」をレインボーアースに組み込みました。

レインボーアースが日本から世界に広がり、技術支援の輪が広がる。
それが、わたしが目指す海外支援・・。

そう思っていたところに、また別の思いがめぐってきました。

ウガンダの孤児院の子どもたちに、
「あなたの夢はなあに?」と聞くと、笑顔で、目をキラキラ輝かせて、
「世界一の医者になる!」「弁護士になる!」と答えるんです。

日本の子どもに、こんな大きな夢を描く子どもが、どのくらいいるでしょう。

海外支援じゃなくて、日本が支援してもらう側なんだと思いました。
海外を支援していく中で、海外からも支援をしてもらう。
足りないものを補い合う関係をつくっていければと思いました。

そのためにキーワードになるのは、やはり「つながり」。
日本と海外がつながり、足りないものを支援し合える関係を創り出します。

レインボーアースは、わたしの人生最後の仕事。
大きい風呂敷を広げますけれども、世界平和を目指しています。

わたしたちと、虹色に輝く未来をつくりませんか?

ストーリー